疑うこと 被害者意識

2019年11月5日11:40

予言の本でいうリミットの時間(大転換期:2038年≪暫定情報≫)が近づいてきています、全く変わる気配がなく(注:2014~2034年の20年間で激変するとあり)、疑わしいのですが。
疑うことは当然です。
最初は真実にも疑いをもちます
しかし、真実を見抜くちからを養っていないと、疑い先を間違えたままです。

疑ったままだと、かたよって二元論に陥り、どちらか一方の側に視点が固定されます。
そうなると思考の固定化。
応用できない状態です。
自分に催眠を、バイアスをかけている状態です。

これらの利点エネルギーが少ない人にはラクだということです。

欠点は、被害者意識が強くなることです。

被害者でいるためには、相手を加害者にする必要があります。
そのために無意識で、相手より弱い立場に、自分を追いやります。本当は対等でいいのに。


どのようにしたらよいのか

瞬間、瞬間、毎瞬、毎瞬、うごめく世の中を把握する力を養えば(人間の普通の状態)大雑把にやっているようにみえて、緻密につかみとることができます。

このような質問が出てくる
コトの始まりは・・・


自分や他人に嘘をつく

幻想や妄想や愚かさが黒雲のように真理を覆い隠す

黒雲に飲み込まれた 魂 良心 が強烈な違和感を発する

「被害者意識」という精神の病を発症する。

悪に傾いたメンタル体(感情)は制御が効かなくなる

「情」と「嘘」と「正当化」と「支配」に囚われる

メンタル体(感情)に過剰にエネルギーが注がれる

反動でアストラル体(思考)が欠乏

自分の感情がわからなくなる

テーマ1-5被害者意識から 引用。

という、人間がもともと持っているシステムの順番通りに、次のステップに(対応?)移行していくからです。これにより、嘘をついてはいけない、ということが分かります。

あなたは、今まで、自分や他人に嘘をついたことがありますか?


嘘をつくと、真実を直感的に見分けるエネルギーが減っていきます。その結果、騙されやすいエネルギー状態になり、騙されやすくなります。

コツとしておススメは、正直に生きる、をモットーにすることです。

それが嘘をつかないことにつながります。
すると、真実を見分けるエネルギー(コーザル体)が充実していきます
そして、刹那に嘘を見抜けるようになります。

未来はどの方向にいくか分かるようになります。
この感覚は経営者はぜひ持っていただきたいものですね。

『宇宙全史』について書いてあることは、真実なのか?


これについては、真実でもあり、真実でもありません、が正解になります。

書かれた時点の視点から見ると真実です(=時間が静止したまま未来にな~れ)。
しかし、時間が静止したまま、未来になりません。

出稿後、1年経過した視点で加筆修正して書くと、別の真実が書けるはず。

これは、世の中がつねに、全てがうごめくように動いているからです。
大雑把なこういう方向にいくだろう、くらいでちょうどよいのではないでしょうか。
  

概要

屋号 かない整体
住所 神奈川県
〒252-0025 神奈川県座間市四ツ谷260J&R-A

長野県
〒386-0412 長野県上田市御嶽堂828
電話番号 046-258-1243

アクセスマップ



最寄り駅

神奈川県
小田急小田原線 座間駅 1.4km(ご希望の方は送迎します)
JR相模線 入谷駅 770m(ご希望の方は送迎します)
長野県
しなの鉄道 大屋駅 車10分
JR長野新幹線 上田駅 車20分